結露防止ヒータ(高発熱タイプ)
5822e3c100d3315cc6000516 5822e3c100d3315cc6000516 5822e3c100d3315cc6000516

結露防止ヒータ(高発熱タイプ)

¥2,200 税込

送料についてはこちら

  • A-青

    残り1点

  • B-紫

    残り1点

夜間撮影の必需品、結露防止ヒータの高発熱タイプです。 通常タイプの約1.5倍の発熱能力がありますので、特別湿度が高い状況やニコン14-24mmF2.8やタムロン15-30mmF2.8などの重量級の広角レンズに役に立ちます。 ヒータ部の長さは約26cmで、ケーブル長は約50cmです。 電源はUSBモバイル電源(5V)を使用します。 ■ヒータ部 長さは約26cmです。 目安としてCANON EF16-35 F4L 同等以上の直径のレンズに適合します。 ■ヒータの発熱能力 大きな広角レンズの結露防止には相応の保温が必要です。本商品はノーマルタイプのヒータに比べて約1.5倍の発熱能力があります。 その分、電力消費は大きくなります。 なお、特別湿度の高い状況では本ヒータでも能力不足となる場合があります。特に前玉が出っ張っている広角レンズを上向きで使う条件は難物です。ご理解の上でお求めください。 対策として、レンズが冷え切らないうちにヒータの電源を入れる、2本のヒータを装着するなどの方法があります。 ヒータの抵抗値は約6.5~7オームです。5000mAhの5Vモバイルバッテリー(セル電圧3.7V)では、計算上4.8時間の連続使用が可能です。 ■耐久性 カメラバックの底に丸めて押し込んだりケーブルを強い力で引っ張るなど、手荒く扱うと故障(断線・ショート)する可能性がありますので、ご留意ください。 ■電源ケーブル 電源ケーブルが長いと融通が利く反面、運搬時に嵩張り、撮影時には邪魔になります。 モバイルバッテリーを雲台などに吊すことを想定して、最低限のケーブル長にしています。 地上にカメラバッグを置いてその中のバッテリーから給電する場合は、USB延長ケーブル(100円ショップなどでも入手できます)を併用してください。 ■固定用のゴムバンド カメラに装着する際にアングルがずれたりしないように、あえて細いゴムを使用しています。 ■色は写真と多少異なる場合があります。